モロヘイヤ

・ぬるぬる

 古来より山芋は、「精がつく」とされてきた食べ物です。
暑い日に麦とろをささっとかっ込む。食欲が落ちていても
これならイケます。山芋には、でんぷんの消化酵素・
ジアスターゼが多量に含まれている為、弱りかけの胃腸に
優しいわけです。
 また山芋のぬるぬるは、デオスコランという粘液多糖類で、
糖尿病の血糖値を低下させる成分を含んでいます。 
ぬるぬるといえば、モロヘイヤという野菜を知っていますか? 
かのクレオパトラが美容の為に好んで食べていたと伝え
られる、エジプト原産のぬるぬる食品です。

・栄養満点

 モロヘイヤは各種野菜と比べると、抜群に栄養価が高いの
です。ポパイのほうれん草と比較してみると、食物繊維
3.5gに対して5.9g。カルシウム55gに対して
260g。βカロチンは約2倍。ビタミンB1、B2、Eも
かなり高い数値を示しています。特にカルシウムが豊富と
いうのがいいですね。
 カルシウムが不足すると、神経がイライラしてストレスが
たまりやすくなったり、不眠症になってさらにイライラ
したりします。結果として、身近な人と大喧嘩して悲しい
思いをするハメになったり、無関係な人にヤツ当りして警察
沙汰になったりしてしまいます。

 カルシウムをたっぷりとって神経を鎮静化させ、骨や歯を
強化して基礎体力を強化しましょう。カルシウムの成人
必要量は600mg。モロヘイヤはほうれん草の4.7倍
も含まれていますから、バッチリでしょう。
 またモロヘイヤのぬるぬる成分「ムチン」やβカロチンは、
免疫力を高めて老化を防止する働きがあるので、花粉症や
各アレルギーの改善に効果があるそうです。
食物繊維は便秘解消、ビタミンB1・B2は疲労回復と、
いい事ずくめです。

 山芋にモロヘイヤを混ぜ込んだ麦とろや、ワカメと
モロヘイヤ入りのニンニクスープなんていかがでしょう。
月に向かって吠えるほど、元気になるかもしれませんよ。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=113621&iid=21146
posted by kyomaro at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むくみ解消法

・リンパ液

 命の水とか言いますが、人の体の約60〜70パーセントは
水分なのです。そのうち細胞の内部に40パーセントあり、
残りが血液やリンパ液という細胞外液なのです。 血液は
1日約2400リットルが、心臓から動脈を経て毛細血管へ
と送り出され、体に必要な栄養分を運んでいます。この時、
細胞で使われたあとの血液成分約20リットルほどが、
老廃物として血管外にしみ出してきます。
これがリンパ液です。
 通常リンパ液は、リンパ管を経て運び去られるのですが、
皮下組織に過剰にたまってしまう場合があります。
これが「むくみ」です。

・リンパ管

 風邪をひいて「リンパ腺が腫れたぁー」と言う以外、
普段からリンパ腺に注意を向けている人は少ないと思います。
リンパ管とリンパ液の流れは、手足など体の外側から心臓に
向けての流れです。膝の裏や鼠蹊部、あごの下から鎖骨下
の静脈などにポイントがあります。

 リンパ液は、タンパク質や脂肪を多く含む無色か淡い
クリーム色の液体です。そうそう、涙もリンパ液なんですよ。
長い間むくみをほおっておくと、無痛性の脂肪の固まりに
なる事もあります。また、むくみは静脈の流れを悪くする
ので、肌荒れや冷え性、便秘の原因になるので御用心。

・リンパマッサージ

 ふくらはぎに「ひらめ筋」という筋肉があります。この
筋肉は第2の心臓と言われ、リンパ液を押し上げるポンプの
役割があります。
ですから手のひらで下から上に、軽く押し上げるように
マッサージすると効果的です。それがすんだら膝の裏を
グリグリとほぐし、太腿から鼠蹊部へと、リンパ液が流れて
ゆく事をイメージしながらマッサージしましょう。

 お風呂あがりに1人でするのもいいですし、パートナーに
してあげたり、してもらったりしながらコミュニケーション
をとるのもいいですよね。根気よく続けると、脂肪がつき
にくくなるし、冷え性も改善すると思います。お試しあれ。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=113621&iid=21146
posted by kyomaro at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミネラルって何?

・鉱物性栄養素
 ミネラルたっぷりの天然水・・・なぁーんて言われると、
「おお、健康によさそう」とか思いますよね。ところで、
よく聞く「ミネラル」って、一体何?
知ってるようで詳しく知らないミネラルについて書いて
みましょう。
 ミネラルとは鉱物性栄養素のこと。カリウム、リン、鉄、
ナトリウム、マンガン、銅、コバルト、塩素、亜鉛、
セレニウム、イオウ、モリブデンなどです。微量ながら、
人体には必要なものばかりです。


・カルシウム、鉄、マグネシウム

 あなたの周囲に、やたらイライラしていたり、怒りっぽい、
キレやすい人はいませんか? その人はひょっとしたら
カルシウム不足かも。小魚、牛乳、チーズに多く含まれ、
成人体内に約1kg存在するカルシウムが不足すると、骨や
歯が弱くなり、神経過敏になります。
 貧血気味で疲れっぽいお姉さん。鉄分、不足してませんか? 
赤血球のヘモグロビンに含まれる鉄は、酸素を運搬し、
血液の酸素を細胞に取り入れる重要な働きをしています。
卵、のり、きな粉、煮干しに多く含まれています。
 神経が興奮しやすく、カッカして議論をフッかけたり、
悪口雑言を吐き散らかす某政治家や某タレントいますよね。
あれってマグネシウム不足かもしれません。魚肉類、
バナナ、ほうれん草などに多く含まれています。

・セックスミネラル

 亜鉛は別名、セックスミネラルと言い、前立腺の働きを
正常にし、ホルモンの分泌をよくします。これを多く含む
のがニンニクです。
 ニンニクに含まれるスコルニジンは、精子の増殖を促す
働きをするので、
子供をつくろうという時に役立ててください。
 甲状腺ホルモンや基礎代謝と関係が深いヨウ素は、
海草に多く含まれてい
ます。海草は化学物質や悪玉コレステロール、脂肪などを
排除し、血管や体細胞の老化を防ぎます。ニンニク入り
ワカメスープでも作ってみてはいかがでしょう?

http://www.infotop.jp/click.php?aid=113621&iid=21146
posted by kyomaro at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。